スペックよりも軽く感じる自転車「TOTEBOX」

ブリヂストンサイクルがGREENLABELの1モデルとして出している、TOTEBOXという自転車。

totebox_001

リンク: TOTEBOX|BRIDGESTONE GREEN LABEL

totebox_024

丈夫なキャリにコンテナ風のバスケットがついて、たくさんの荷物を載せることができます。

リアキャリアは、チャイルドシートにも対応。

ということは、当然丈夫に作ってあります。そしてそれは「重い」ということも意味します。

実際、写真の「ラージ 内装3段」モデルは、カタログスペック上の20.6kgと、クロスバイク等と比べるとかなり重たいものです。

totebox_003

しかし、実際に乗ってみると思いの外「軽い」。少なくとも、20kgあるようには感じさせないんです。

乗った時だけではなく、押して歩いても軽く感じます。

つまりこれ、バランスが良いんですね。

いいなぁ、TOTEBOX。

ちょっと高級な前後ディスクブレーキバージョンなんかあっても面白いのではないか……と、いつものように妄想。当店の次の「脳内限定モデル」はそれで決まりか!

以上、町田市鶴川にある“つもり”の空想自転車店「ワグテイル」でした。

リンク: 写真で見るBRIDGESTONE GREENLABEL:大容量のBOXバスケットが魅力の「TOTEBOX LARGE」 – BRI-CHAN

広告

投稿者:

すがいげん

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業のオフィシャルブログ、ユーザー事例、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。

“スペックよりも軽く感じる自転車「TOTEBOX」” への 1 件のフィードバック

  1. 線路はさんで反対側の山上に住んでいます。
    原付通勤から自転車通勤にスイッチしたばかりで、およそ10キロの通勤を楽しくしたくて自転車さがしていたところでした。
    偶然見つけたサイトが余りに近所の地名でびっくりしコメントしてしまいました。
    これからも参考にさせてください。

    いいね

コメントは受け付けていません。