クロモリフレームのかっこいいミニベロ

各メーカー、ブランドの2019年モデルがひととおり発表された状況にありますが、クロスバイク等のライフスタイル寄りの自転車に目を向けますと、ミニベロがちょっと寂しい感じがします。

まったく個人的な感想ではあるのですが、いくつか気になっていたモデル、おすすめしていたモデルが廃盤になってしまっているのが、その原因です。

そんな中、展示会で見てこれはいいなと思ったのが、FUJIの「HELION」と「HELION R」です。

続きを読む クロモリフレームのかっこいいミニベロ

広告

おすすめクロスバイクがいまいち代わり映えしない理由

ちょっと気が早いですが、CyclingEXに、2018-2019年版のおすすめクロスバイクを紹介する記事を掲載しました。

00000084_l2

リンク: おすすめクロスバイク2018-2019年版:ワンランク上の自転車がある毎日を楽しむ – CyclingEX

続きを読む おすすめクロスバイクがいまいち代わり映えしない理由

思わず欲しくなるミニベロ

GIANTのミニベロ「IDIOM」シリーズのミドルグレードである「IDIOM 1」。

DSC1868

IDIOMは折りたたみ自転車ではありません。しかし、ハンドルポストを根元から折りたたむことができます。実は、家の中で保管したい際などは、これだけでかなり場所を取らなくなります。

価格は75,000円(税別)です。

続きを読む 思わず欲しくなるミニベロ

5万円クラスの鉄板クロスバイクはこの3台「GIANT ESCAPE R3」と「BRIDGESTONE CYLVA F24」、そして「RITEWAY SHEPHERD CITY」

「クロスバイクが欲しい!」と思っているけれど、とくにどこかのブランドに思い入れがあるわけではないとか、初めて買うのでそもそもどのブランドが良いのかわからないという方にとって、世界最大の自転車メーカーであるジャイアントの「ESCAPE R3」と、日本の有名メーカーであるブリヂストンの「CYLVA F24」は、安心して購入できるクロスバイクと言えるのではないでしょうか。

続きを読む 5万円クラスの鉄板クロスバイクはこの3台「GIANT ESCAPE R3」と「BRIDGESTONE CYLVA F24」、そして「RITEWAY SHEPHERD CITY」

クロスバイク2017-2018年バイヤーズガイド:唯一こだわっている点

毎年恒例?のクロスバイクバイヤーズガイドをCyclingEXに掲載しました。近年各メーカー・ブランドとも、夏にはニューモデルに切り替わってしまうので、早々にですが2018年モデル版を用意しました。

続きを読む クロスバイク2017-2018年バイヤーズガイド:唯一こだわっている点