思わず欲しくなるミニベロ

GIANTのミニベロ「IDIOM」シリーズのミドルグレードである「IDIOM 1」。

DSC1868

IDIOMは折りたたみ自転車ではありません。しかし、ハンドルポストを根元から折りたたむことができます。実は、家の中で保管したい際などは、これだけでかなり場所を取らなくなります。

価格は75,000円(税別)です。

続きを読む 思わず欲しくなるミニベロ

広告

2018年版ビギナーにおすすめのロードバイク

CyclingEXで毎年恒例になっている、あの企画。

もちろん2018年版も作ってあります。

1401010_2018_B_1_Domane_AL_3_900

関連記事: 2017-2018年版ビギナーにおすすめのロードバイク:これから始める人のためのガイダンス&バイヤーズガイド – CyclingEX

続きを読む 2018年版ビギナーにおすすめのロードバイク

5万円クラスの鉄板クロスバイクはこの3台「GIANT ESCAPE R3」と「BRIDGESTONE CYLVA F24」、そして「RITEWAY SHEPHERD CITY」

「クロスバイクが欲しい!」と思っているけれど、とくにどこかのブランドに思い入れがあるわけではないとか、初めて買うのでそもそもどのブランドが良いのかわからないという方にとって、世界最大の自転車メーカーであるジャイアントの「ESCAPE R3」と、日本の有名メーカーであるブリヂストンの「CYLVA F24」は、安心して購入できるクロスバイクと言えるのではないでしょうか。

続きを読む 5万円クラスの鉄板クロスバイクはこの3台「GIANT ESCAPE R3」と「BRIDGESTONE CYLVA F24」、そして「RITEWAY SHEPHERD CITY」

クロスバイク2017-2018年バイヤーズガイド:唯一こだわっている点

毎年恒例?のクロスバイクバイヤーズガイドをCyclingEXに掲載しました。近年各メーカー・ブランドとも、夏にはニューモデルに切り替わってしまうので、早々にですが2018年モデル版を用意しました。

続きを読む クロスバイク2017-2018年バイヤーズガイド:唯一こだわっている点

選びに選んだおすすめクロスバイク+フラットバーロード2017年モデル18台

毎年恒例のネタというのがありまして、前回の記事で紹介したGIANT ESCAPEシリーズの比較もそうですが、そもそもクロスバイクってなんだ?いろいろあってよくわかんないけど、要するにおすすめはなんだ?という問いに答えるというのも、恒例のもののひとつです。

続きを読む 選びに選んだおすすめクロスバイク+フラットバーロード2017年モデル18台

ますます種類が増えるGIANTのクロスバイク、その違いを解説[2017年版]

はじめてのクロスバイクとして鉄板とされるメーカーの一つであるジャイアント(GIANT)ですが、クロスバイクだけでもたくさんの種類があって、どれを選んで良いのかわかりにくいのが難点といえば難点でした。ESCAPE(エスケープ)と名のつくモデルがいくつもありますし、2017年モデルではさらに「CROSTAR(クロスター)」なる新しいクロスバイクも登場しています。

↑こちらは、大ロングセラーの「ESCAPE R 3」。

続きを読む ますます種類が増えるGIANTのクロスバイク、その違いを解説[2017年版]