クロモリフレームのかっこいいミニベロ

各メーカー、ブランドの2019年モデルがひととおり発表された状況にありますが、クロスバイク等のライフスタイル寄りの自転車に目を向けますと、ミニベロがちょっと寂しい感じがします。

まったく個人的な感想ではあるのですが、いくつか気になっていたモデル、おすすめしていたモデルが廃盤になってしまっているのが、その原因です。

そんな中、展示会で見てこれはいいなと思ったのが、FUJIの「HELION」と「HELION R」です。

同じFUJIの「BALLAD」シリーズをそのままミニベロに落とし込んだようなルックスが魅力。

フラットハンドルの「HELION」とドロップハンドルの「HELION R」があり、フレームサイズも3種類あります。

10万円以下の価格帯ですので過度な期待は禁物ですが、かといって損することもないでしょう。実にちょうどいい塩梅だと思います。

HELION:66,000円(税別)
HELION R:89,000円(税別)

以上、町田市鶴川にある“つもり”の空想自転車店「ワグテイル」でした。

関連記事: FUJI 2019年モデル:定番クロモリミニベロ「HELION/HELION R」 – CyclingEX

広告

投稿者:

すがいげん

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業のオフィシャルブログ、ユーザー事例、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。