ますます種類が増えるGIANTのクロスバイク、その違いを解説[2017年版]

はじめてのクロスバイクとして鉄板とされるメーカーの一つであるジャイアント(GIANT)ですが、クロスバイクだけでもたくさんの種類があって、どれを選んで良いのかわかりにくいのが難点といえば難点でした。ESCAPE(エスケープ)と名のつくモデルがいくつもありますし、2017年モデルではさらに「CROSTAR(クロスター)」なる新しいクロスバイクも登場しています。

↑こちらは、大ロングセラーの「ESCAPE R 3」。

↑そしてこちらは、よりスポーティな「ESCAPE RX 2」。

↑2017年モデルで新たに登場した、軽量なクロスバイク「CROSTAR」。

↑GRAVIER(グラビエ)は、ESCAPE R 3に似ていますが、27.5インチというホイールサイズで、タイヤが太め。

さらには、女性向けモデルは「Liv」という別ブランドから出ています。

これらのモデルに対する「何がどう違うのか」という疑問に手っ取り早く(!?)お答えする記事を、「ESCAPE USERS」に掲載しています。

これからGIANTのクロスバイクを買おうとしている方の、何かの参考になれば幸いです。

関連記事: 2017年モデル版:これからクロスバイクが欲しいという人のために、GIANT ESCAPE R/RX/CROSTAR/GRAVIERの違いをおさらいする – ESCAPE USERS

以上、町田市鶴川にある“つもり”の空想自転車屋さん「ワグテイル」でした。

投稿者: wagtail_sugai

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業のオフィシャルブログ、ユーザー事例、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。