「フルシマノ」というストーリー

ブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」に、自転車屋さんでよく聞かれる「フルシマノ」という言葉について解説する記事をアップしました。

関連記事: 自転車の達人に聞いてみた!「フルシマノってどういう意味? 何が良いの?」 – BRI-CHAN

DSC0016

自転車の変速やブレーキといった主要な部品が、日本のメーカー「シマノ」のもので統一されていることを、俗に「フルシマノ」と言います。

フルシマノだと、どんな良いことがあるのか。それを、自転車の達人がわかりやすく話してくださいました。詳しくは、上記リンク先をお読みいただければうれしいです。

自転車屋さんは店頭にある自転車を指して「これはフルシマノだから良いよ」と言ったりするわけですが、初めてスポーツ自転車を買う人からすると、比較対象がありません。フルシマノだから良いという「話」を「信用」するしかないのです。

つまり、これからクロスバイクを買う人にとっての「フルシマノ」は、性能以前に「ストーリー」なんですよね。もちろん、それは作り話ではなく、買って後悔しない、裏付けのある物語なわけですが。

もちろん、私もオススメします。フルシマノの自転車。

以上、町田市鶴川にある“つもり”の空想自転車屋さん「ワグテイル」でした。

投稿者:

すがいげん

1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。印刷製版会社営業アシスタント、DTP雑誌編集者、コールセンター勤務等を経て、フリーランスのライター&編集者へ。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業内Webサイト、企業のオフィシャルブログ、ユーザー事例、メールマガジン等の制作にも携わる。2009年より、自転車ブログメディア「CyclingEX」を運営。